投資するタイミング

おはようございます。薬味多めで(@yakumioomede)です。

みなさんは押し目を待っていたのにそのままスルスルと株価が上昇してしまい、利益を手にする機会を失ってしまった経験はありませんか?いわゆる、押し目待ちに押し目なしというやつですね。

私自身も、これまでに何度もそうした悔しい経験をしてきました。

そこで本日は、投資(買い付け)をする際の最強のタイミングとはどんな時なのかを考えていきたいと思います。

方法論①:割安なタイミングだと自身を持って投資できるタイミングまでじっと待つ

投資の基本は、安値で買って高値で売るですね

この基本を忠実に守る際には、そのタイミングが来るまでじっと待つという事になります。

バリュー投資の父と言われるベンジャミン·グレアムも、投資のタイミングとして最適なのは、

  • 市場全体が低調な時(全体が弱気の時)​
  • 市場全体が低調とは言えなくても、ある株式が本質的価値よりも安い価格で取引されている時​

であると述べています。

普段からしっかりと銘柄分析を行った上で、中·長期の保有でしっかりと利益が出るような銘柄をウォッチしておき、そのタイミングが来た際に恐れずに掴みに行く。

少なからず、運用資産が億を超える投資家の中でも、中·長期の保有をスタンスとする方々にはこのタイプが多い気がします。

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法
ベンジャミン グレアム 土光 篤洋 Benjamin Graham
パンローリング
売り上げランキング: 10,162

方法論②:タイミングなんかかんけーねぇ!決まった頻度で買い付けていくだけだ!

頭と尻尾はくれてやれという相場の格言もありますが、そのタイミングをドンピシャで判断するのも非常に難しいのも事実​です。

加えて、弱気相場の底の底で買い付けに行くのは非常に勇気がいる行為で、いざその場になると怖気づいてしまう可能性だって十分に考えられます。

こうした点を考慮すると、ドルコスト平均法で買い付けていく(積み立てていく)手法が有効的なのではないかと思います。

ドルコスト平均法とは?

株式や投資信託などの金融商品の投資手法の一つ。定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する。例えば「予定資金を12分割して、月末ごとに資金の1/12を投入し、一年かけて全量を買う」という手法。

米国株投資で有名なバフェット太郎氏(@buffett_taro)も、その著書である「バカでも稼げる 「米国株」高配当投資」の中で、「長期的に見れば投資タイミングがパフォーマンスに与える影響はほとんどないっていうことが知られていて、いつ投資するかということはあまり重要とはされていない。」とおっしゃっています。

特に、過去数十年にも渡って上がり下がりの波を描きながら上昇を続けてきた米国株などに関しては、この手法は非常に有効な一手かも知れません。

私自身も、資産運用のポートフォリオの一環として、楽天·全米株式インデックスファンドとセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、毎月予め決めたタイミングで、決めた金額を機械的に買い付けるように設定しています。

この手法であれば、短期的に急激な下落の局面であっても自分の感情に左右されずに機械的に買付できますし、何よりも同じ金額でより多くの口数を買付することが可能です。

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
バフェット太郎
ぱる出版
売り上げランキング: 2,685

最強の投資タイミングはどっちだ!?

こうしてみていくと、割安なタイミングだと自信を持って投資できるタイミングまでじっと待つ手法は、ある程度一定の資金を保有しており、その資金投じて長期間保有してインカムゲインとキャピタルゲインを狙っていく際に有効な手法。

一方で、バフェット太郎氏(@buffett_taro)のように、タイミングなどは無視して、すでにポートフォリを構成する銘柄をガッチリと決め打ちした状態で、買い付けルール(毎月、構成割合が最も低い銘柄を買い付ける、など)も定まっているのであれば、ドルコスト平均法が有効なのかも知れません。

どちらにせよ、中·長期の保有でインカムゲインとキャピタルゲインを狙っていく際には、1円でも安値で仕込めるように、まずは虎視眈々と狙いたい銘柄をしっかりと手元で監視させることが先決​ですかね(^^;

薬味多めで

まずは、本当に自分が長期間保有したいと心から思える銘柄を探し出すことから始めなきゃ(汗)

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法
ベンジャミン グレアム 土光 篤洋 Benjamin Graham
パンローリング
売り上げランキング: 10,162
バカでも稼げる 「米国株」高配当投資
バフェット太郎
ぱる出版
売り上げランキング: 2,685

参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

今読んでいる1冊

おすすめの記事