【悲報】ベガルタ仙台が主力の永戸(背番号2番)を鹿島アントラーズに取られてしまう

鹿島アントラーズや横浜Fマリノスへの移籍が噂されていたベガルタ仙台の永戸勝也(背番号2番)。昨日、クラブから正式に移籍の発表がありました。

今季も主力級の流出を許してしまうベガルタ仙台

永戸勝也選手 鹿島アントラーズへ完全移籍のお知らせ

いやぁ....、やっぱり移籍してしまいますか。2019シーズン、左サイドバックのレギュラーとして、J1リーグでアシスト王(アシスト10本)に輝いた永戸勝也(背番号2番)が、正式に鹿島アントラーズに移籍することが発表されました。ご存知のように、ベガルタ仙台はチーム人件費がJ1最下位レベル。引き止めも難しいですよ...。

2018シーズン終了後は、野津田岳人がサンフレッチェ広島に戻り、矢島慎也もガンバ大阪へ。中野嘉大と奥埜博亮がそれぞれコンサドーレ札幌とセレッソ大阪へ。世界へ羽ばたいた板倉滉を追って、シーズン途中にシュミット·ダニエルまでもがベルギーへ旅立ちました​。今季もビクビクしていたところに飛び込んできたのが、永戸の鹿島アントラーズ移籍の話です。鹿島は、杉岡大暉も湘南から獲得していますからね。安西幸輝が抜け、内田篤人や山本脩斗も怪我で思うようにコンディションが上がらなかった鹿島アントラーズにとっては、非常に適切な補強​でしょうね。

ベガルタ仙台は、他にもなかなか出場機会の得られなかった大岩一貴と石原直樹も湘南ベルマーレへ。梁勇基も出場機会を求めて契約は更新しないと発表されています。

果たして、来シーズンはどういった陣容でベガルタ仙台は戦っていくのでしょうか?

攻撃的サッカーへとベクトルを向けることができるのか?

2019年シーズンはこれまでの集大成という位置づけでシーズンに途中にしましたが、勝てない試合が続きました。ここ数年培ってきた3-4-2-1の攻撃的なスタイルから、伝統とも言われる4-4-2の堅守速攻スタイルに大きく舵を切り、なんとか残留を手にしたシーズンでした。渡邊監督の後を託された木山監督は、就任会見で「(チーム内で)4バックで戦うチームをつくることを話している」と継続する意向を示しています。単純に考えると2020年シーズンも4-4-2で行くのか?

1月4日の7:00段階では去就が未定の選手もいますが、現在の戦力をまとめておきます。

GK陣は4人体制

ポジション 選手名
GK ヤクブ·スウォビィク
GK 関憲太郎
GK 川浪吾郎
GK 小畑裕馬

昨年、シュミット·ダニエルが抜けた危機に救世主として現れたのがヤクブ·スウォビィク。新シーズンも守護神としてゴールマウスをしっかりと守ってもらいたいと思います。

DF陣、本職の左サイドバックがいない?

ポジション 選手名
CB シマオ·マテ
GK 平岡康裕
CB 金正也
CB 金正也
CB 常田克人
CB 金正也
CB 照山颯人
RB 蜂須賀孝治
RB 浜崎拓磨

個人的に、常田と照山のさらなる成長に期待したいところ。常田は一時期3バックの一端を任されるも、シーズン中盤から序盤にかけてはシマオ·マテ平岡の牙城を脅かす存在までに至らず。照山に関してはルヴァンカップなどで堂々としたプレーを見せてくれたが、90分間戦う体になっていない。

あれ?センターバックと右サイドバックしかいないんじゃないか...?常田は左利きだからやってやれなくはないし蜂須賀も左足蹴れないわけじゃないから左サイドバックへコンバートという可能性もなくはないけど...。攻撃面から考えると、左サイドバックに人材が不足していそうです。

MF陣は充実

ポジション 選手名
守備的MF 椎橋慧也
守備的MF 富田晋伍
守備的MF 吉野恭平
攻撃的MF 松下佳貴
攻撃的MF 関口訓充
攻撃的MF イサーク·クエンカ
攻撃的MF 道渕諒平
攻撃的MF 中原彰吾
攻撃的MF 兵藤慎剛
攻撃的MF 石原崇兆
攻撃的MF 吉尾海夏(去就未定)
攻撃的MF 佐々木匠
攻撃的MF 飯尾竜太朗
攻撃的MF 田中渉

どの程度の期間でチームにフィットするかどうかにもよりますが、地元へUターンしてきた吉野の加入は大きいです。彼はセンターバックもこなせますからね。そしてイサーク·クエンカ。まさか、金が無い仙台にこの選手が来るとは...(個人的には神戸に行くものだと想像していました)。松下とどのようにシンクロしていくのかが非常に楽しみです。

そして、佐々木匠も武者修行から戻ってまいりました。切れのあるドリブルで大暴れしてもらいたいですね。

点が取れるFWがもう一人欲しい

ポジション 選手名
FW ハモン·ロペス
FW 長沢駿
FW 赤崎秀平
FW ジャーメイン良
FW 阿部拓馬
FW ジオゴ·アコスタ

仙台に必要なのは、ゴールをこじ開けられるFWだと思うんですよね。

ハモンの左足は脅威ですが、昨シーズンは細部でゴールに向かうイメージの差が露呈してしまい、単純なパス交換でボールを奪われてしまうケースが目に付きました。長沢は非常に守備のタスクもこなしてくれますし、相手の脅威となる高さもありますが、ガンバ時代に取った自己最高得点の10点(2017年)を超えて欲しかった...。

新加入の赤崎ですが、非常にクレバーなFWという印象があります。球際強く守備のタスクもしっかりこなしますしね。基本的には長沢がターゲットマンとなるでしょうが、その次の動きでゴールに向かうFWとしては、悪くないチョイスですよね。

4-4-2よりも3-4-2-1が活きる顔ぶれなのでは?

もしかしたら、今後もチーム始動までに加入が伝えられる選手も出てくるかもしれませんが、現時点の布陣はこうなるでしょうか?

ポジション 選手名
GK ヤクブ·スウォビィク
RB 浜崎拓磨
CB シマオ·マテ
CB 平岡康裕
LB 蜂須賀孝治
RSH イサーク·クエンカ
DMF 富田晋伍
DMF 松下佳貴
LMF 関口訓充
FW 長沢駿
FW 赤崎秀平

ただ、この顔ぶれを見てると、3-4-2-1の方がマッチしているのでは?と思うんですよね。

ポジション 選手名
GK ヤクブ·スウォビィク
RCB 平岡康裕
CB シマオ·マテ
LCB 吉野恭平
RWB 蜂須賀孝治
DMF 富田晋伍
DMF 松下佳貴
LWB 関口訓充
SWF イサーク·クエンカ
SWF 赤崎秀平
FW 長沢駿

左のセンターバックに常田、金を使って、吉野を1列上げる(富田の位置に)という選択肢もあります。シャドウにイサーク·クエンカとハモン·ロペスを並べても攻撃の際の凄みが増しそうですが、守備のタスクの面で若干不安を抱えます。赤崎の方が良い感じにフィットしそうです。

などと一人で想像しながら2020年シーズンのベガルタ仙台をあれこれと想像してニヤついているのですが、1月7日のチーム始動まではどうなるかわかりません。1月13日からの1次キャンプも目前に迫ってきていますし、今後もチーム発表にから目が離せません。

参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

今読んでいる1冊

おすすめの記事