土木工事

いつもお世話になっております。薬味多めで(@yakumioomede)です。

本日は、安藤ハザマ<1719>が長期的に保有できる銘柄なのか、徹底的に調べていきたいと思います。

薬味多めで

安藤ハザマは、大型土木工事を得意とする企業です。

安藤ハザマ<1719>の基本情報

安藤ハザマのホームページ

まずは、安藤ハザマ<1719>の基本情報を整理していきましょう。

安藤ハザマ<1719>の会社情報とチャート

※2019年2月19日調べ

項目 内容
会社名 安藤ハザマ
証券コード 1719
業種分類 建設業
WEB http://www.ad-hzm.co.jp/
本社住所 〒107-8658 東京都港区赤坂6-1-20
設立年月日 2003年10月1日
上場年月日 2003年10月1日
決算 3月末日
単元 100株
代表者名 福富正人
従業員数(単独) 3,543人
従業員数(連結) 4,041人

チャート画像

安藤ハザマ<1719>が展開する事業

安藤ハザマの事業

安藤ハザマ<1719>のグループ企業の事業セグメントは、4つの事業セグメントに分けられます。

土木事業

地下空洞や山岳トンネル、都市地下土木や造成などを行う事業セグメントです。

建設事業

建築基礎から免震·耐震·制震(振)などを手掛ける事業セグメントです。

グループ事業

連結子会社が手掛ける事業セグメントです。

その他

調査や研究受託業務などの事業セグメントです。

安藤ハザマ<1719>の分析

基本の3チェック項目

私が個別株に投資する際に、はじめに下記の3つのポイントに適合しているかどうかをチェックします。

3つのポイント
  • 主力製品、サービスに意義があり、実需が存在する実業である事、つまりは、主観的に好感が持てる商売をしていること:○
  • 業界が右肩上がりであること、または、高いレベルで安定している事。つまりは、売り上げと利益増が今後も見込めること:△
  • 株主還元スタイルを取っていること:△

安藤ハザマ<1719>は、大型の土木工事や大型レジャー施設、生産物流施設などの大型建設を得意としている企業です。

政府が掲げる国土強靭化法案関連銘柄の一角であり、再生可能エネルギー事業への参入も視野に入れています。

安藤ハザマ<1719>の株主還元策を調べたところ、近年は順調に増配傾向にあります。しかしながら配当性向が高いことから、注意が必要です。

こうした事から、安藤ハザマ<1719>は、1番を○、2番~3番を△としました。

それでは詳しく見ていこうと思います。

売上高と各利益

事業年度 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
2015年3月期 369,702 18,518 18,120 7,240
2016年3月期 379,258 25,456 23,301 14,983
2017年3月期 407,994 37,018 36,239 26,277
2018年3月期 377,020 35,714 34,767 23,862
2019年3月期 359,971 23,692 22,495 8,862

単位:百万円

2014年以降は軒並み高水準で売上高は推移。利益にはバラツキがありますが、人件費や資材の高騰が影響していることに加え、2019年3月期は東京都多摩市での火災事故(特別損失93億円)が響いています

安藤ハザマの売上高推移

自己資本とROE

自己資本 132,809
自己資本比率 38.0%
ROE 6.97%

単位:百万円

※2019年3月期の実績

自己資本率は38%と、建設セクターでは中の下といったところでしょうか?

ROEは6.97%。こちらも建設セクターでは中の下に位置します。

PERとPBR、ミックス係数

PER(会社予想) 11.11倍
PBR(実績) 1.25倍
ミックス係数 13.89

※2020年2月19日終値段階の数値で計算しています。

安藤ハザマ<1719>のミックス係数は13.89。基準値の11.25と比較すると若干割高な水準​となっています。

キャッシュフロー

事業年度 営業キャッシュフロー 投資キャッシュフロー フリーキャッシュフロー
2015年3月 15,716 -134 15,582
2016年3月 34,722 -12,015 22,707
2017年6月 -1,802 6,316 4,514
2018年6月 38,127 -2,260 35,867
2019年6月 5,900 -2,356 3,544

単位:百万円

2017年3月期は営業キャッシュフローが赤字となっていますが、フリーキャッシュフローは2013年3月期から黒字を継続しています。

実質利回り配当とEPS、株主優待

配当とEPSの経過を見てみましょう。

事業年度 株主配当 EPS
2015年3月 8.0円 36.2円
2016年3月 12.0円 75.0円
2017年3月 20.0円 131.6円
2018年3月 25.00円 119.5円
2019年3月 30.00円 44.4円

現時点での予想配当利回りは3.46%となっています。

安藤ハザマ<1719>は株主優待制度を用意していませんので省略します。

安藤ハザマ<1719>は買いか?売りか?様子見か?

ここまで安藤ハザマ<1719>の分析を行ってきましたが、個人的には様子見したい銘柄だと考えています。

安藤ハザマ<1719>の「様子見」と判断する理由
  • 主力製品、サービスに意義があり、実需が存在する実業である事、つまりは、主観的に好感が持てる商売をしていること:○
  • 業界が右肩上がりであること、または、高いレベルで安定している事。つまりは、売り上げと利益増が今後も見込めること:△
  • 株主還元スタイルを取っていること:○
  • 売上高、各利益共:○
  • 自己資本比率:△
  • ROE:△
  • ミックス係数:△
  • 営業キャッシュフロー:○
  • フリーキャッシュフロー:○
  • 実質利回り:△

安藤ハザマ<1719>の今後の見通しを考えた時に気になるのが受注残の減少です。土木工事だけではなく建設工事の受注残も減少していることに加え、特に土木工事に関しては期初予想を大きく下回っている状況です。

加えて、足元の実績配当性向が66.4%と非常に高い水準にあります。今後、キャッシュフローの悪化が起きた際には減配を意識せざるを得ない水準​にあるため、配当狙いの投資の場合には注意が必要です。

安藤ハザマ<1719>のチャート(月足)を見ると、2018年7月に上場来高値を更新。その後は650円近辺に調整するも、再び上昇してきている格好です。今後の注目ポイントとしては、2018年7月の高値と2020年1月の高値を結んだラインが上値抵抗線として機能してくるのかどうか注目していきたいところです。

安藤ハザマの月足チャート

お忙しい中恐れ入りますが、何卒ご確認宜しくお願い致します。

薬味多めで

建設セクターの企業は、人件費と資材の高騰がモロに業績に影響してきますね...



参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

投資家おすすめの1冊

資本論 ─まんがで読破─
イースト・プレス (2013-06-28)
売り上げランキング: 10,989
株で富を築くバフェットの法則[最新版]
ダイヤモンド社 (2014-05-05)
売り上げランキング: 14,534
いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎単行本)
幻冬舎 (2018-09-05)
売り上げランキング: 11,571
おすすめの記事