2019年12月度の月次投資運用成績

2019年12月度の月次投資運用成績を振り返ります。

主力はトラリピの豪ドル円ペア

2019年12月末日段階の資産状況です。

口座 投資額 評価額 評価損益 損益率
特定口座(国内個別株) ¥89,900 ¥100,900 +¥11,000 +12.24%
特定口座(楽天ポイント投資) ¥75,266 ¥84,686 +¥9,420 +12.52%
積立NISA ¥799,996 ¥913,581 +¥113,585 +14.20%
iDeco ¥385,440 ¥412,511 +¥27,071 +7.02%
トラリピ ¥2,000,000 ¥2,053,902 +¥53,902 +2.70%
合計 ¥3,350,602 ¥3,565,580 +¥214,978 +6.42%

2019年10月~11月にかけて、特定口座(国内個別株)の資金を引き上げる必要が出てしまい、運用資産の90%を現金化​しました。

その為、特定口座(個別株)に関しては、2019年12月に0からリスタートしている状況​となっています。正直、このタイミングで投資資産をほかへ振り向けなくてはならなくなったのは非常に痛恨なのですが、致し方ありません。

個別株についてはこれまでどちらかといえば短期的な目線でのトレードが中心でしたが、仕事の内容が変わって来たことでザラ場中に頻繁に銘柄のモニタリングができなくなってきました。

そこで、キャピタルゲインよりもインカムゲインへと比重を置いた戦略に変更していく戦略に投資方針を大幅に変更​しています。

12月に改めて投資した銘柄は、力の源HD<3561>。本当は2単元買いたかったのですが、資金の都合で1単元のみからのリスタート。株価の推移は順調ですね。

続いては、特定口座(楽天ポイント投資)。毎月月末に楽天ポイントで楽天·全米株式インデックス·ファンドを積立投資しています。

家計の支出をほぼ全て楽天カードから支払うようにしてから、本当によくポイントが貯まるようになりました。ある意味、原資は0円なので今後も続けていこう​と思っています。

積立NISAも、楽天·全米株式インデックス·ファンドをドルコスト平均法で積立。こちらも、楽天カードでの積立をしています。

今後NISAの制度が変わりますが、現状の年間40万円微妙な金額ですよね。うっかりしていると12月に端数の調整を忘れてしまいます...。

iDecoでは、セゾン·バンガード·グローバルバランスファンドを毎月枠いっぱい購入。こちらは、リスクヘッジを考慮し全世界の債権などにも投資するファンドを選択しています。

最後は、トラリピ。今後、豪ドル円は長期的に一旦安値をつけに行くと見ており(円高豪ドル安)、10~20年スパンでの投資と考えて運用​しています。スタンダードに、

  • 100円~85.50円で売り
  • 84.90円~60円で買い

というレンジで、30銭刻みで注文を入れています。

2019年は年初のフラッシュ·クラッシュこそありましたが、1年を通してみた時に想定していた程ボラリティーがありませんでした。その為、運用利回りは極端に低下しています。

2020年はもう少しボラリティーが欲しいところです。トラリピに関しては追加の資金を入れて通貨ペアを増やすことも考えていますが、当面は個別株の買い増し資金を優先させていこうと思っています。

2020年は毎月の入金をきっちりと優先させた上で、全体でプラス10%~20%を目指していきたいと考えています。

お金は寝かせて増やしなさい
フォレスト出版 (2017-12-08)
売り上げランキング: 445

参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

今読んでいる1冊

おすすめの記事