株主配当通知書

いつもお世話になっております。薬味多めで(@yakumioomede)です。

株主優待制度がある実質配当利回りが高い銘柄は、個人投資家の間でも人気の投資対象。優待狙いの銘柄の場合には、半年から2ヶ月前までに買い仕込んでおくと良いとされております。

そこで今月は、2020年4月に権利確定を迎える銘柄を見ていきたいと思います。

薬味多めで

4月決算の銘柄はちょっと少なかったですね...(汗)

4月の権利確定銘柄抽出条件

抽出条件
  • 市場:全市場を対象
  • 実質利回り:2.5%以上
  • ROE:10%以上
  • 自己資本比率:30以上
  • 決算月:4月
  • 権利確定月:4月

と設定しました。4月決算企業自体が少ないこともあって1銘柄しか抽出されませんでした。

4月の権利確定銘柄

東建コーポレーション<1766>

東建コーポレーションWEBサイト

東建コーポレーション<1766>の会社情報とチャート

※2019年3月2日調べ

項目 内容
会社名 東建コーポレーション
証券コード 1766
業種分類 建設業
市場 東証1部
時価総額 103,869百万円(2020年3月2日の終値で算出)
分類 中型株(時価総額1,000億~3,000億円)
WEB https://www.token.co.jp/
本社住所 〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-1-33
設立年月日 1976年7月17日
上場年月日 1997年3月19日
決算 4月末日
単元 100株
代表者名 左右田稔
従業員数(単独) 5,644人
従業員数(連結) 6,304人
東建コーポレーション<1766>の概要
    項目 内容
    自己資本比率 47.44%
    ROE 12.30%
    ミックス係数(予想PER x 実績PBR) 12.98(11.69倍 x 1.11倍)
    配当利回り 2.85%
    株主優待 100株以上保有で、①または②

    ①ゴルフ場 割引券:5000円割引券 4枚

    ②ハートマークショップ 割引券:4,000円割引券
    実質配当利回り 5.45%
    実績配当性向(2019年4月期) 27.3%

賃貸アパートや賃貸マンションの開発や設計建築、リース建築、仲介専門店「ホームメイト」の運営などを手掛ける東建コーポレーション<1766>。

実質配当利回りは5.45%と、非常に高い利回りが魅力的ですね。実績配当性向(2019年4月期)は、27.3%と余力はあります

2011年04月期から2018年04月期までは、フリーキャッシュフローも黒字状態となっていましたが、2019年4月期に大きく赤字に。

これは、「定期預金の純増加額による支出」と「有形固定資産の取得による支出」となっています。

東建コーポレーションのフリーキャッシュフロー

足元の業績ですが、12月12日発表の中間決算では対会社予想進捗率38.0%と予断を許さない数字となっています。

第3四半期決算は3月中旬に発表されるでしょうし、その実績が気になるところです。

4月の権利確定銘柄で狙いたいものは?

4月決算銘柄を見ていおこうと思いましたが、検索条件をある程度かっちり行うと、全く出てきませんね(汗)

本来であれば複数銘柄紹介したかったのですが、今月は結果的に1銘柄だけとなりました...。

お忙しい中恐れ入りますが、何卒ご確認宜しくお願い致します。

薬味多めで

東建コーポ、イメージキャラクターを中村雅俊から草刈正雄に変えたんですね!



参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

今読んでいる1冊

おすすめの記事