アイキャッチ

いつもお世話になっております。薬味多めで(@yakumioomede)です。

株主優待制度がある実質配当利回りが高い銘柄は、個人投資家の間でも人気の投資対象。優待狙いの銘柄の場合には、半年から2ヶ月前までに買い仕込んでおくと良いとされております。

そこで本日は、2020年8月に権利確定を迎える銘柄を見ていきたいと思います。

薬味多めで

8月決算の銘柄の中から5銘柄ピックアップしてみました!

6月の権利確定銘柄抽出条件

抽出条件
  • 市場:全市場を対象
  • 実質利回り:3%以上
  • ROE:2%以上
  • 自己資本比率:50以上
  • 権利確定月:8月

と設定しました。

8月の権利確定銘柄

AFC-HDアムスライフ<2927>

株式会社AFC-HD

AFC-HDアムスライフ<2927>の情報

※2019年6月20日調べ

項目 内容
会社名 AFC-HDアムスライフ
証券コード 2927
業種分類 食品業
市場 東証JASDAQ
時価総額 9,675百万円(2020年6月19日の終値で算出)
分類 小型株(時価総額1,000億以下)
WEB http://www.ams-life.co.jp
本社住所 〒422-8027 静岡市駿河区豊田3-6-36
設立年月日 1980年12月8日
上場年月日 2005年3月3日
決算 8月末日
単元 100株
代表者名 淺山雄彦
従業員数(単独) 337人
従業員数(連結) 583人
AFC-HDアムスライフ<2927>の概要
    項目 内容
    自己資本比率(2019年8月期 連結) 55.2%
    ROE(2019年8月期 連結) 7.92%
    ミックス係数(予想PER x 実績PBR) 16.44(17.49倍 x 0.94倍)
    予想配当利回り 2.92%
    株主優待 ①商品引換券(額面2,500円券)

    ②割引券(額面1,000円券)

    100株以上:②2,000円分

    500株以上:①5,000円分 + ②5,000円分

    1,000株以上:①15,000円分 + ②10,000円分

    ※①、②共に、連結子会社通販カタログ「健康情報誌:げんきあっぷきれいあっぷ」(キャンペーン価格の適用可)より選択。

    ※②は、ご注文金額3,000円ごとに1枚利用可。

    実質配当利回り(予想) 9.50%
    実績配当性向(2019年8月期) 44.9%

まずピックアップするのが、健康食品の受託製造を手がけるAFC-HDアムスライフ<2927>。いわゆる、OEM製造を行う企業ですね。

年間の配当金額は20円(1株)。株主優待制度は、2,500円分の自社商品と引き換えできる商品引換券、並びに、2,000円分(100株)の割引券が進呈されます。これらを合わせると、実質配当利回りは9.50%。非常に実質利回りが高い銘柄となっています。

実績配当性向(2019年8月期)は、44.9%とおよそ利益の半分近くを株主還元に回しています。

売上は横ばい、利益は若干右肩下がりかな?と言う印象です。

AFC-HDアムスライフの業績推移

タカラレーベン不動産投資法人<3492>

タカラレーベン不動産投資法人

タカラレーベン不動産投資法人<3492>の情報

※2019年6月20日調べ

項目 内容
会社名 タカラレーベン不動産投資法人
証券コード 3492
業種分類 REIT
市場 東証
時価総額 41,486百万円(2020年6月19日の終値で算出)
分類 小型株(時価総額1,000億以下)
WEB https://takara-reit.co.jp
本社住所 〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-15
設立年月日 -
上場年月日 2018年7月27日
決算 2月/8月末日
単元 1株
代表者名 -
従業員数(単独) -人
従業員数(連結) -人
タカラレーベン不動産投資法人<3492>の概要
    項目 内容
    自己資本比率(2019年8月期 単独) -%
    ROE(2019年8月期 連結) -%
    ミックス係数(予想PER x 実績PBR) -
    予想配当利回り 6.69%
    株主優待 10口以上の保有株主には、ヤマダ電機の「お買い物優待券」合計2,500円相当(500円相当×5枚)を送付
    実質配当利回り(予想) 6.69%
    実績配当性向(2019年8月期) -

続いては、J-REATのタカラレーベン不動産投資法人<3492>。メインスポンサーは、タカラレーベン<8897>となっています。

年間の配当金額は6,000円(1株)。10口以上の保有している株主には、ヤマダ電機の「お買い物優待券」合計2,500円相当(500円相当×5枚)を送付していますが、本記事は最低単元での比較を行っているため除外します。

6%を超える利回りは非常に魅力的ですね。ポートフォリオは、オフィスビル、マンション、商業施設、ホテルと幅広く保有しています。

明光ネットワークジャパン<4668>

明光ネットワークジャパン

明光ネットワークジャパン<4668>の情報

※2019年6月20日調べ

項目 内容
会社名 明光ネットワークジャパン
証券コード 4668
業種分類 サービス業
市場 東証1部
時価総額 23,522百万円(2020年6月19日の終値で算出)
分類 小型株(時価総額1,000億以下)
WEB https://www.meikonet.co.jp
本社住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル
設立年月日 1984年9月21日
上場年月日 1997年4月18日
決算 8月末日
単元 100株
代表者名 山下一仁
従業員数(単独) 510人
従業員数(連結) 880人
明光ネットワークジャパン<4668>の概要
    項目 内容
    自己資本比率(2019年8月期 連結) 72.9%
    ROE(2019年8月期 連結) 6.67%
    ミックス係数(予想PER x 実績PBR) 39.86(26.75倍 x 1.49倍)
    予想配当利回り 3.55%
    株主優待 保有株式数及び継続保有期間によりQUOカードを贈呈

    100株以上:3年未満:1,000円相当 / 3年以上:3,000円相当

    500株以上:3年未満:2,000円相当 / 3年以上:4,000円相当

    1,000株以上:3年未満:3,000円相当 / 3年以上:5,000円相当

    実質配当利回り(予想) 4.73%
    実績配当性向(2019年8月期) 83.1%

続いては、学習塾で有名な明光ネットワークジャパン<4668>です。

年間の配当金額は30円(1株)。株主優待制度は、3年未満の保有で1,000円相当のQUOカード。これらを合わせると、実質配当利回りは4.70%と4%を超えてきます。3年以上保有すると、QUOカードが3,000円へと大きく増額。長期投資家を優遇する制度設計となっています。

実績配当性向(2019年8月期)は、83.1%。個人的には、コロナの影響もあり株主優待制度の廃止、もしくは株主配当の減配もあり得るのではないかと考えています。

売上は伸びてきていますが、利益は安定しないな、と言う印象です。

明光ネットワークジャパンの業績推移

ヤマトインターナショナル<8127>

ヤマトインターナショナル

ヤマトインターナショナル<8127>の情報

※2019年6月20日調べ

項目 内容
会社名 ヤマトインターナショナル
証券コード 8127
業種分類 繊維製品
市場 東証1部
時価総額 7,925百万円(2020年6月19日の終値で算出)
分類 小型株(時価総額1,000億以下)
WEB http://www.yamatointr.co.jp
本社住所 〒577-0061 大阪府東大阪市森河内西1-3-1
設立年月日 1947年6月16日
上場年月日 1980年5月21日
決算 8月末日
単元 100株
代表者名 盤若智基
従業員数(単独) 182人
従業員数(連結) 194人
ヤマトインターナショナル<8127>の概要
    項目 内容
    自己資本比率(2019年8月期 連結) 74.2%
    ROE(2019年8月期 連結) 3.03%
    ミックス係数(予想PER x 実績PBR) -(-倍 x 0.44倍)
    予想配当利回り 3.9%
    株主優待 自社商品

    300株以上:1,000円相当

    500株以上:3,000円相当

    実質配当利回り(予想) 6.59%
    実績配当性向(2019年8月期) 66.0%

4銘柄目は、カジュアルブランド「クロコダイル」を展開するヤマトインターナショナル<8127>を紹介します。

年間の配当金額は14.5円(1株)。株主優待制度は、300株以上保有する株主だけに設定されております。本記事は最低単元での比較を行っているため除外します。

実績配当性向(2019年8月期)は、66.0%。こちらもコロナで大きな影響を受けたアパレル業界だけあって、今後の減配には注意が必要です。

本業の儲けを示す営業利益は横ばいですが、売上は年々減少しています

ヤマトインターナショナルの業績推移

AVANTIA<8904>

AVANTIA

AVANTIA<8904>の情報

※2019年6月20日調べ

項目 内容
会社名 AVANTIA
証券コード 8904
業種分類 不動産業
市場 東証1部
時価総額 11,550百万円(2020年6月19日の終値で算出)
分類 小型株(時価総額1,000億以下)
WEB https://avantia-g.co.jp
本社住所 〒467-0842 名古屋市瑞穂区妙音通3-31-1
設立年月日 1989年11月16日
上場年月日 2002年7月23日
決算 8月末日
単元 100株
代表者名 沢田康成
従業員数(単独) 318人
従業員数(連結) 458人
AVANTIA<8904>の概要
    項目 内容
    自己資本比率(2019年8月期 連結) 59.2%
    ROE(2019年8月期 連結) 5.13%
    ミックス係数(予想PER x 実績PBR) 4.12(8.96倍 x 0.46倍)
    予想配当利回り 4.9%
    株主優待 QUOカード

    1年以上継続保有*

    100株以上 1,000円分

    500株以上 2,000円分
    * 2月末日現在および8月31日現在の株主名簿に連続して3回以上記載または記録されていること。

    ※2020年8月31日基準の株主優待に限り、2020年2月29日現在の株主名簿ならびに2020年8月31日現在の株主名簿に連続して2回記載または記録された株主様を1年以上継続保有とみなす。

    実質配当利回り(予想) 6.19%
    実績配当性向(2019年8月期) 44.3%

最後に紹介するのは、東海地方を地盤に不動産業を営むAVANTIA<8904>

年間の配当金額は38円(1株)。株主優待制度は、1年以上保有している株主総会に対してQUOカードを1,000円分進呈。実質配当は6.19%と非常に高い利回りを実現しています。

実績配当性向(2019年8月期)は、44.3%

売上高を見ると好調なようですが、気になるのはキャッシュフローの推移。今後どこかで詳しく調べて見るのもいいかなと思いました。

AVANTIAの業績推移

8月の権利確定銘柄で狙いたいものは?

5銘柄ピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

AFC-HDアムスライフ<2927>などは、実質配当利回りが9.5%と非常に高いですね。ただ、健康食品に魅力を感じるかどうかで判断は変わると思います。

個人的には、株主優待がQUOカードという事もあり、明光ネットワークジャパン<4668>あたりはいいかなと思います。ただ、個人的にも保有している東京個別指導学院<4745>と業種がかぶる事もあり、狙いどころとしてはREATのタカラレーベン不動産投資法人<3492>かなと。

ただ、どうなんでしょう?今後、アフターコロナを見据えるとオフィス需要は少しずつ減っていきそうな気も...。なんて考えると、何にも投資出来なそうですね(汗)

お忙しい中恐れ入りますが、何卒ご確認宜しくお願い致します。

薬味多めで

個人的に不動産系ってなかなか手が出ないんですが、どこも利回り高いですよね。



参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

今読んでいる1冊

おすすめの記事