伊藤忠商事<8001>を徹底企業分析

いつもお世話になっております。薬味多めで(@yakumioomede)です。

本日は、伊藤忠商事<8001>が長期的に保有できる銘柄なのか、徹底的に調べていきたいと思います。

薬味多めで

三菱商事<8058>を抜いて総合商社1位になった伊藤忠商事<8001>を分析していきます。

伊藤忠商事<8001>の基本情報

伊藤忠商事のホームページ

まずは、伊藤忠商事<8001>の基本情報を整理していきましょう。

伊藤忠商事<8001>の会社情報とチャート

※このページのデータは、全て2020年6月30日の終値で調査·分析したデータとなります。

項目 内容
会社名 伊藤忠商事
証券コード 8001
業種分類 卸売業
市場 東証1部
時価総額 3,679,321百万円
分類 大型株(時価総額3,000億円以上)
WEB https://www.itochu.co.jp/
本社住所 〒530-8448 大阪市北区梅田3-1-3
設立年月日 1949年12月1日
上場年月日 1950年7月
決算 3月末日
単元 100株
代表者名 岡藤正広
従業員数(単独) 4,277人
従業員数(連結) 129,362人

チャート画像

伊藤忠商事<8001>が展開する事業

伊藤忠商事の事業内容

伊藤忠商事<8001>の事業セグメントは、8つの事業セグメントに分けられます。

繊維カンパニー

繊維の原料からブランド・最終製品までを手掛けるのが繊維カンパニーです。

コロナウィルスの影響などにより全般的に低迷している事業ドメインとなります。

金属カンパニー

金属や資源分野、鉄鋼製品などを主に取り扱っているのが金属カンパニーです。

前期は石炭価格の下落に見舞われましたが、鉄鉱石価格の上昇やブラジルの鉄鉱石事業の配当などの増額で増益を達成しています。

食料カンパニー

穀物を中心とした食糧部門、生鮮食品部門、食品流通部門から構成されるのが食料カンパニーです。

北米の穀物事業の他、プリマハム<2281>などの連結子会社化を推し進めるなど積極的な拡大を推し進めている事業ドメインです。

機械カンパニー

プラントや船舶、自動車や建機などを取り扱うのが機械カンパニーとなります。

国内ではメルセデスブランドを取り扱うヤナセや、航空機分野ではボーイングやロッキードマーチン、ノースロップ・グラマン等の大手航空宇宙関連企業と共に防衛、民間航空機関連の分野で活動する事業ドメインです。

エネルギー·化学品カンパニー

プラントや船舶、自動車や建機などを取り扱うのが機械カンパニーとなります。

国内ではメルセデスブランドを取り扱うヤナセや、航空機分野ではボーイングやロッキードマーチン、ノースロップ・グラマン等の大手航空宇宙関連企業と共に防衛、民間航空機関連の分野で活動する事業ドメインです。

住生活カンパニー

生活資材·物流部門、建設·不動産部門の2部門から構成されているのが住生活カンパニーです。

紙パルプや天然ゴムの加工、物流や不動産関連事業などを幅広く手掛けている事業ドメインです。

金融·情報カンパニー

子会社の伊藤忠テクノソリューションズ<4739>を中核としたIT·通信分野と、保険やリテール向け·法人向けファイナンス分野で構成されているのが金融·情報カンパニーです。

宇宙分野へのビジネスにも積極的に展開していっている事業ドメインです。

第8カンパニー

上記で説明した7つのカンパニーと共に、特に生活消費分野に強みを持つビジネス基盤を最大限活用していくのが第8カンパニーとなります。

特徴としては市場や消費者ニーズに対応したマーケットインの発想による新たなビジネスの創出や客先開拓を主とする事業ドメインです。

伊藤忠商事<8001>の分析

伊藤忠商事<8001>の事業環境に関して

伊藤忠商事の単年度経営計画

出展:2020年度 経営計画 説明資料

年初から、全世界規模でコロナウィルスの拡大が続く中、世界的な景気後退の可能性が指摘されています。

中期経営計画Brand-new Deal 2020を前倒しで達成した伊藤忠商事<8001>ですが、資源関連やインフラ分野は厳しい事業環境が予想されます。

その為、新たな中期経営計画は策定せず、2021年3月期は不透明な状況の中足元を固める1年間と位置づけ、単年度での経営計画としていく方針。今年度は「@csto」の再徹底により原点回帰の経営を改めて徹底する経営となりそうです。

<3>伊藤忠商事<8001>の会社の強み、武器

伊藤忠商事グループが手掛ける主な非資源分野ブランド

出展:伊藤忠商事コーポレートサイト

伊藤忠商事<8001>の強みは、資源分野に偏った経営を行っていない点かと思います。

例えば、上記の画像にあるように、伊藤忠商事<8001>は誰もが知っている生活分野のブランドを多数手がけており、純利益に占める非資源関連の割合が非常に大きくなってきています。資源ビジネスの割合が大きい他総合商社とはこの点が決定的に違いますね。

生活消費関連分野で国内のみならず、中国を中心としたアジア圏へとフィールドを広げていくことで、今後さらにこの生活消費関連分野での収益を伸ばしていこうというのが伊藤忠商事<8001>の一つの戦略となっています。

伊藤忠商事<8001>の売上高と利益率

事業年度 売上高 前期比 営業利益 経常利益 当期純利益
2016年3月期 5,083,536 226,418 322,749 240,376
2017年3月期 4,838,464 -4.8% 288,399 499,855 352,221
2018年3月期 5,510,059 13.9% 316,933 537,858 400,333
2019年3月期 11,600,485 110.5% 361,492 695,383 500,523
2020年3月期 10,982,968 -5.3% 399,438 701,430 501,322

単位:百万円

伊藤忠商事<8001>の過去5期分の売上高を見ていくと、毎期順調に売上高、利益率共を右肩上がりで伸ばしてきています

直近3期の売上高営業利益率を見てみると、

直近3期分の売上高営業利益率
  • 18年3月期:5.75%
  • 19年3月期:3.11%
  • 20年3月期:3.64%

と、10%を超える水準には到達していません。本来ならば、10%を超える水準が理想なのですが、しっかりと本業で稼げているのは把握できますね。

EPS(1株利益)は、

EPS(1株利益)
  • 18年3月期:268.0円
  • 19年3月期:335.1円
  • 20年3月期:335.6円

と、こちらもしっかりと一株利益を積み上げていってることが分かります。

伊藤忠商事の業績推移

伊藤忠商事<8001>のキャッシュフロー

事業年度 営業キャッシュフロー 投資キャッシュフロー フリーキャッシュフロー
16年3月期 419,404 -557,260 -137,856
17年3月期 389,693 -81,306 308,387
18年3月期 388,212 -256,350 131,862
19年3月期 476,551 201,149 677,700
20年3月期 878,133 -248,766 629,367

単位:百万円

営業キャッシュフローは年度によって若干の上下はありますがが、しっかりと確保できていますね。

本業の日々の営業活動がしっかりと行えている証拠です。

フリーキャッシュフローも、2016年度は赤字となっていますが、それ以降はプラス圏を維持。問題ない水準と見て良いかと思います。

伊藤忠商事<8001>の自己資本とROE

自己資本 2,995,951
自己資本比率 27.4%
ROE 16.90%

単位:百万円

※2020年3月期の連結実績

自己資本率は27.4%。本来ならば、10%を超える水準が理想なのですが、本業で稼げているかとうが?と言う点では、合格ラインですね。

ROEは連結決算ベースで16.90%。自己資本率。本来であれば、同業を考えても30%以上は欲しいところなのですが、こちらは今後に期待したいところです

直近3期分のROE(連結決算ベース)
  • 2018年3月期:15.79%
  • 2019年3月期:17.86%
  • 2020年3月期:16.90%

伊藤忠商事<8001>のPERとPBR、ミックス係数

PER(会社予想) 8.65倍
PBR(実績) 1.15倍
ミックス係数 ※PER×PBR 9.95

伊藤忠商事<8001>のミックス係数は9.95。バリュー株投資家のベンジャミン・グレアムにならって、ミックス係数が11.25(米国株は22.5倍以下)の銘柄を割安と判断するなら、同社は割安銘柄​と言えます。

伊藤忠商事<8001>の実質配当利回り

伊藤忠商事<8001>の株主配当を見てみましょう。

事業年度 株主配当
2018年3月 70円
2019年3月 83円
2020年3月 85円
2021年3月(予定) 88円

21年3期の年間予想配当は1株あたり88円と予想されていますので、20年6月30日段階の終値で計算すると予想配当利回りは3.79%となります。

伊藤忠商事<8001>では、株主優待制度がありませんので、株主優待の紹介は省略とします。

伊藤忠商事<8001>は買いか?売りか?様子見か?

ここまで伊藤忠商事<8001>の分析を行ってきましたが、個人的には買いだと考えています。

伊藤忠商事<8001>の「買い」と判断する理由
  • 業界の事業環境:△
  • 会社の強み、武器がある:○
  • 主力製品、サービスに意義があり、実需が存在する実業である事、つまりは、主観的に好感が持てる商売をしていること:○
  • 業界が右肩上がりであること、または、高いレベルで安定している事。つまりは、売り上げと利益増が今後も見込めること:○
  • 売上と利益率:○
  • キャッシュフロー:○
  • 自己資本比率:△
  • ROE:○
  • ミックス係数:○
  • 株主還元スタイルを取っていること:○

伊藤忠商事<8001>の分析をこれまでしてきましたが、私が個別株を見る際にポイントとして挙げる項目では、非常に優秀な実績となっていると評価できます。

コロナウィルスの感染拡大の影響が見越せない中、今年の業績予想に関しては現時点で正確に見通せません。しかしながら、非資源分野を得意とする点が、住友商事<8053>や双日<2768>と比べるとアドバンテージが高いかと考えられます。

今年度は、コロナウィルスの拡大を鑑み、新中計は出さずに、単年度の視点で経営を行いなんとか乗り切って欲しいかなと思っています。

伊藤忠商事<8001>のチャート(週足)を見ると、2020年2月3日の週に付けた2,695円を高値として、右肩下がりのチャートとなっています。

今回のコロナショックでは、1,900円台前半まで株価は下落、ここは一つの拾い場でしたね。

今後、夏場にかけてもう一度株価は沈んでくると見ていますので、買いを入れるポイントをじっくりと考えていきたいと思います。

伊藤忠商事の週足チャート

お忙しい中恐れ入りますが、何卒ご確認宜しくお願い致します。

薬味多めで

伊藤忠の手掛ける生活分野のブランド、非常に有名なところを抱えていますね(^^)

参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

今読んでいる1冊

おすすめの記事