【読書メモ】しょぼい起業で生きていく

従来の起業とは全く異なるアプローチで成功している起業家

その起業家が自分のビジネスに関する考え方の書籍を出版するということで、出版後、即購入。

ただ、諸事情により長らくの間、積読状態になってしまっておりました...(泣)

今日は、従来の起業のイメージとは異なるアプローチから起業で成功している方をご紹介していこうと思います。

組織で働くのが無理なら起業しよう

薬味多めで

サラリーマンになりたくないのであれば、起業すれば良い!?

起業前にこの本の著者が考えていたこと
  • 朝起きれない
  • 朝起きて満員電車に乗りたくない
  • 意味もなく人に頭を下げるのは嫌

そんな著者が、就職という道から逃げつつも、なんとか生きていくため(生活していくため)に、消去法的に起業したことからこの本は始まります。

著者は、えらいてんちょう。

Twitterなどでもおなじみの方ですね。

  • 日本のYouTuber、しょぼい政党党首。
  • 別名はえらいてんちょう。愛称はえらてん。
  • 千葉県成田市出身、東京都豊島区在住。
  • 慶應義塾大学経済学部卒業。かつては大杉春樹、宮内春樹などの筆名でも活動した。

えらいてんちょう(@eraitencho)

著者が提唱する、多額の開業資金も、特殊な技能も、綿密な事業計画もいらない「しょぼい起業」という起業の考え方がこの1冊に凝縮されています。

しょぼい起業と「小さく生んで大きく育てる」は異なるのか?

良く事業などは小資本で始め、だんだん大きくするのがよいやり方だという事を表すのに、小さく生んで大きく育てるなどという例えをする場合があります。

個人的にも、リスクを抑えてスピーディーに事業を展開していくには、非常に有効な考え方だと思います。

しかしながら、えらいてんちょうが提唱するしょぼい起業は、こうした発想ともまた異なるアプローチが取られています。

自分の生活をすべて自分の労働で満たして、余ったぶんは売って資本化するというのは、早い話が自給自足生活ですから、弥生時代あたりからおこなわれている行為なのですが、意外と現代で実行している人は多くありません。そして、これは現在でも十分通用する方法論なのです。

この「いつもやっている行為をお金に換える」という発想は「しょぼい起業」の基本的な考え方のひとつです。これを「生活の資本化」(コストの資本化)と呼びます。よく覚えておいてください。

事業を行う上でのコストや、そのリターンとして期待できる売上をベースに考えていくのではなく、自分の生活の一部の行動を小さくても良いから資本化させていくという発想なのが、このしょぼい起業の根底にあるんです。

起業と共に副業をスタートさせるための

起業というケースでも非常に参考になる考え方ですが、昨今話題になっている「副業」で稼いでいく際にも、このしょぼい起業の考え方が非常に参考になると思います。

肩肘張らずに、普段の自分の生活パターンの一部を資本化できないか?

こうしたアプローチを取っていくことで、過度なストレスや肉体的な負荷少なく副業が実施できてくるかもしれません。

内容のすべてがすべて賛同できると言うわけではありませんでしたが、自分の生活の一部の行動を資本化させていく」というしょぼい起業のベースとなる考え方だけは、かなり強烈に印象に残りました​

書籍購入後、積ん読期間が長くなってしまった一冊ですが、個人的に、今後副業を新たに始めてみよう」というふうに考えている層に1度読んでみて欲しいなと感じた一冊でした。

しょぼい起業で生きていく
イースト・プレス (2019-01-11)
売り上げランキング: 334



参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

今読んでいる1冊

おすすめの記事