リチウム空気電池関連銘柄

いつもお世話になっております。薬味多めで(@yakumioomede)です。

みなさんは、リチウム空気電池という名前を聞いたことはありますか?

現在のリチウム電池よりも高性能で、2020年代にも実用化されると言われている次世代の二次電池です。本日は、次世代の本命二次電池と言われるリチウム空気電池関連銘柄の中で、今後の伸びしろが期待できそうな割安銘柄を探してみたいと思います。

薬味多めで

リチウム空気電池!?空気がエネルギー源なの???

二次電池とは?

充電する事で、繰り返して使うことができる電池のことを一般的に二次電池と呼びます。

身近なものであればスマホやノートPCのバッテリーや、充電式乾電池、ハイブリット自動車など様々製品に使われている、いわゆるバッテリーだと思って貰えればわかりやすいと思います。

逆に、充電型でない使い捨ての電池のことを、一次電池と呼んでいます。

二次電池には様々な種類があり、用途によって使い分けられています。

電池の種類 用途
鉛電池 構造上安全性が比較的高いとされており、自動車バッテリーや太陽光発電などに使用されています。
ニッケル水素電池 構造上安全性が比較的高いとされており、自動車バッテリーや太陽光発電などに使用されています。
リチウムイオン電池 携帯電話やノートパソコン、ありとあらゆる電子・電気機器に搭載されています。

次世代の二次電池の本命·リチウム空気電池

二次電池の市場には圧倒的な成長期待​があります。例えば、ハイブリット自動車や電気自動車に搭載されるリチウムイオン電池では力不足な面も否めず、実は今よりも大きなエネルギー密度を持つ二次電池が必要とされています。

こうした需要を満たすだけではなく、今後の時代の新たなニーズに応えて行く必要のある最先端の二次電池に関する開発や研究が盛んに行われています。こうした中、リチウムイオン電池に代わる本命の二次電池として、全固体電池と共に注目したいのがリチウム空気電池です。

現在のリチウムイオン電池の重さやコストを5分の1程度に抑えることが可能という夢のような電池です。加えて、そのエネルギー密度はおおよそ5倍~10倍に拡大​すると言われています。

2018年にはソフトバンクが参入を表明、国立研究開発法人 物質·材料研究機構と共に2025年の実用化を目指して急ピッチで研究を進めています。

今日は、リチウム空気電池関連銘柄の中でも割安水準にある銘柄をピックアップしてみたいと思います。

割安水準にある注目のリチウム空気電池関連銘柄

今回銘柄をスクリーニングするにあたって、以下の条件で銘柄をピックアップしてみました。

スクリーニングポイント
  • ミックス係数22.5ポイント以下
  • 配当利回り3%以上

※2019年1月29日の終値ベースで計算しています。

セントラル硝子<4044>

チャート画像

チェック項目
  • ミックス係数:8.66
  • 配当利回り:3.05
  • 自己資本比率:53.8%
  • ROE:4.47%

売上高と利益、フリーキャッシュフロー

事業年度 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 フリーキャッシュ·フロー
2017年3月期 228,898 12,982 15,091 10,703 -4,111
2018年3月期 227,810 6,039 6,327 2,980 -3,427
2019年3月期 229,291 10,098 11,120 7,545 -1,664

単位:百万円

ガラス製品や化学製品を取り扱うのがセントラル硝子<4044>です。IBM、旭化成などEV向けリチウム空気電池開発を共同開発しています。

10月31日発表の中間決算では、対会社予想進捗率38.9%と厳しい状況です。過去3年フリーキャッシュフローがマイナスなのも気になるところです。

藤倉コンポジット<5121>

チャート画像

チェック項目
  • ミックス係数:9.03
  • 配当利回り:3.12%
  • 自己資本比率:68.0%
  • ROE:2.39%

売上高と利益、フリーキャッシュフロー

事業年度 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 フリーキャッシュ·フロー
2017年3月期 31,667 1,944 1,759 1,197 -427
2018年3月期 33,958 2,169 2,233 1,591 414
2019年3月期 33,438 917 838 581 -417

単位:百万円

個人的に未だにピンと来ないのですが、旧社名は藤倉ゴムと言えばご存知だと思います。非常用マグネシウム空気電池の「WattSatt」を製造·販売しています。

11月14日発表の中間決算では、対会社予想進捗率80.4%と好調な数字を発表しています。

バルカー<7995>

チャート画像

チェック項目
  • ミックス係数:19.06
  • 配当利回り:3.83%
  • 自己資本比率:66.2%
  • ROE:12.41%

売上高と利益、フリーキャッシュフロー

事業年度 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 フリーキャッシュ·フロー
2017年3月期 43,640 4,065 3,929 2,348 1,554
2018年3月期 47,592 5,374 5,466 3,833 2,709
2019年3月期 51,243 5,609 5,791 4,087 3,402

単位:百万円

バルカー<7995>は、空気マグネシウム電池用正極材を開発製造しています。

10月30日発表の中間決算では、対会社予想進捗率53.8%とまずまずの数字。ミックス係数はやや高いものの、他の項目では軒並み評価できる銘柄ではないでしょうか?

リチウム空気電池関連銘柄のまとめ

3銘柄ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

リチウム空気電池は、今後の我々の生活スタイルや環境対策を大きく進化させる可能性があるテクノロジーです。今後もしっかりとウォッチしていこうと思います。

お忙しい中恐れ入りますが、何卒ご確認宜しくお願い致します。

薬味多めで

バルカー<7995>、良いですね!定点観測していこうと思います!

参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

今読んでいる1冊

おすすめの記事