ノートパソコンと聴診器

いつもお世話になっております。薬味多めで(@yakumioomede)です。

みなさんは、オンライン医療、または遠隔医療という名前を聞いたことはありますか?

これまでの対面の診療ではなく、ビデオ通話などのオンライン上で診療を行うことで、医療に関する課題を解決していこうという試みです。

医療に関する課題を一部挙げますと、医師不足問題の解決や、離島·山間部の医療を解決、通院することができない患者とどうするのか?など、こうした課題解決への期待が持たれています。

薬味多めで

オンライン医療が拡大していけば、熱が出て苦しんでいる際にも病院の待合室で待たなくて良いですしね。

割安水準にある注目のオンライン医療関連銘柄

それでは早速オンライン医療関連銘柄をピックアップしてみていきたいと思います。

エムスリー<2413>

チャート画像

注目ポイント
  • ミックス係数:1,011.82(予想PER:85.82、実績PBR:11.79)
  • 配当利回り:0.31%
  • 自己資本比率:71.9%(2019年3月期)
  • ROE:21.61%(2019年3月期)
  • 対前年比売上収益:19.7%(2019年3月期)
  • 売上収益営業利益率:27.2%(2019年3月期)

売上高と利益、フリーキャッシュフロー

事業年度 売上高 前期比売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 フリーキャッシュ·フロー
2017年3月期 78,143 20.9% 25,050 24,959 16,004 2,065
2018年3月期 94,471 20.9% 29,713 29,700 19,684 8,632
2019年3月期 113,059 19.7% 30,800 30,942 19,577 8,966

単位:百万円

日本最大級の医療従事者用専用サイトである「m3.com」を運営するエムスリー<2413>

最新の医療情報や医薬品情報を掲載したメディア·MR君や、インターネットを介して医者に医療相談可能な「アスクドクターズ(会員制)」を提供しています。

オプティム<3694>

チャート画像

注目ポイント
  • ミックス係数:-(予想PER:-、実績PBR:33.06)
  • 配当利回り:0%
  • 自己資本比率:76.7%(2019年3月期)
  • ROE:0.38%(2019年3月期)
  • 対前年比売上収益:29.9%(2019年3月期)
  • 売上収益営業利益率:1.8%(2019年3月期)

売上高と利益、フリーキャッシュフロー

事業年度 売上高 前期比売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 フリーキャッシュ·フロー
2017年3月期 3,314 26.5% 685 682 397 209
2018年3月期 4,210 27.0% 401 404 453 -442
2019年3月期 5,468 29.9% 96 145 11 -452

単位:百万円

IoTプラットフォーマーであるオプティム<3694>は、国内初の遠隔診療サービス「ポケットドクター」を提供しています。

MRT<6034>

チャート画像

注目ポイント
  • ミックス係数:109.30(予想PER:34.81、実績PBR:3.14)
  • 配当利回り:0%
  • 自己資本比率:40%(2019年12月期)
  • ROE:-%(2019年12月期)
  • 対前年比売上収益:-%(2019年12月期)
  • 売上収益営業利益率:10.0%(2019年12月期)

売上高と利益、フリーキャッシュフロー

事業年度 売上高 前期比売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 フリーキャッシュ·フロー
2017年3月期 1,154 14.9% 156 141 88 -200
2018年3月期 1,501 30.1% 64 59 31 42
2019年3月期 2,232 48.7% 52 160 97 46

単位:百万円

非常勤意思を紹介する「Gaikin」や、常勤医師を紹介する「career」などの医療人材紹介サービスやヘルスケア関連情報メディアを手掛けるMRT<6034>

オプティム<3694>が手掛ける遠隔診療サービス「ポケットドクター」も、MRT<6034>が共同開発しています(15年に業務提携)。

ノーリツ鋼機<7744>

チャート画像

注目ポイント
  • ミックス係数:15.16(予想PER:42.12、実績PBR:0.36)
  • 配当利回り:1.81%
  • 自己資本比率:50.1%(2019年3月期)
  • ROE:3.92%(2019年3月期)
  • 対前年比売上収益:14.1%(2019年3月期)
  • 売上収益営業利益率:8.7%(2019年3月期)

売上高と利益、フリーキャッシュフロー

事業年度 売上高 前期比売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 フリーキャッシュ·フロー
2017年3月期 50,045 15.7% 4,611 6,348 4,290 -7,043
2018年3月期 57,089 14.1% 5,006 5,135 8,970 1,680
2019年3月期 63,924 12.0% 5,538 5,439 2,953 5,527

単位:百万円

ペン先部材やコスメ部材から、ヘルスケア領域、バイオ創薬、アグリ·フード分野など幅広い事業領域をもつノーリツ鋼機<7744>

オンライン医療分野としては、88%出資するドクターネットにて遠隔画像診断支援を展開しています。

セコム<9735>

チャート画像

注目ポイント
  • ミックス係数:33.90(予想PER:20.42、実績PBR:1.66)
  • 配当利回り:2.19%
  • 自己資本比率:56.4%(2019年3月期)
  • ROE:9.44%(2019年3月期)
  • 対前年比売上収益:4.5%(2019年3月期)
  • 売上収益営業利益率:12.8%(2019年3月期)

売上高と利益、フリーキャッシュフロー

事業年度 売上高 前期比売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 フリーキャッシュ·フロー
2017年3月期 928,098 5.3% 131,050 147,033 84,170 128,157
2018年3月期 970,624 4.6% 135,448 144,318 86,993 65,423
2019年3月期 1,013,823 4.5% 130,213 144,889 92,009 87,536

単位:百万円

警備サービス分野で国内トップのセコム9735。セキュリティーサービスのみならず、メディカルサービスの分野まで領域を拡大しています。

セコム<9735>は在宅医療や病院運営支援分野だけでなく、遠隔画像診断支援サービスのホスピネットを開発。2018年からは、遠隔診療支援プラットフォームも提供しています。

オンライン医療関連銘柄のまとめ

今回は、オンライン医療関連銘柄として4銘柄ご紹介しました。

オンライン医療や遠隔医療に関するテクノロジーは、今後、人口減少&高齢化を迎える日本にとっては、なくてはならないサービスになると予想しています。

本日紹介した企業だけではなく、今後もオンライン医療に関するサービスが生まれてくることが考えられるため、定期的にウォッチしていきたいと考えています。

お忙しい中恐れ入りますが、何卒ご確認宜しくお願い致します。

薬味多めで

この中だと、まだノーリツ鋼機<7744>が



参加中のランキングサイト

にほんブログ村 株ブログへ

大変励みになります。本日も応援のクリックお願い致します。

投資家おすすめの1冊

資本論 ─まんがで読破─
イースト・プレス (2013-06-28)
売り上げランキング: 10,989
株で富を築くバフェットの法則[最新版]
ダイヤモンド社 (2014-05-05)
売り上げランキング: 14,534
いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎単行本)
幻冬舎 (2018-09-05)
売り上げランキング: 11,571
おすすめの記事